ブログ

WEBライティングとは?タイトル・見出し・本文執筆のコツをわかりやすく解説

WEBライティングとは

誰もがWEBライターとして自由に情報発信できる時代だからこそ、WEBライティングのスキルがますます重要になってきています。「書く力」と「伝える力」を身に付けることは、WEB集客に欠かせません。玉石混合のWEB上で、ライバルに差を付ける書き方のコツ、構成や執筆のポイントを紹介します。

WEBライティングの手順

WEBライティングの手順

WEBライティングは、以下の流れで行うと書きやすくなります。

記事の構成を作成する

目的を明確にします。何を伝えたいか、文章全体が目指すゴールをまず設定しましょう。

記事を執筆する

ゴールに向かうために必要な材料を書き出し、絞り込んだ上で、記事を書きます。例えば、新商品の紹介がゴールならば、新しい機能や従来製品との差異、これまでの悩みなど、具体的な材料を収集し、文章の流れを決めてから執筆します。

記事を推敲する

書いた記事を吟味します。分かりにくい表現、具体性を欠く表現、言葉の重複などの有無をチェックし、場合によっては文章を修正したり表現を言い換えたりします。

記事を公開する

WEB上に記事をアップして、誰もが読める状態にします。

WEBライティングの手順で大切なのは、思いつくままに、いきなり書き始めないことです。構成段階で、目的を明確にしましょう。ゴールが決まれば、ゴールに向けて、何をどのように伝えればいいかが見えてきます。

記事は書いた後も大切です。ワードの音声読み上げ機能などを活用して、しっかり吟味した上で、公開しましょう。

WEBライティングの基本となる文法

WEBライティングの基本となる文法

WEBライティングの基本となる文法として、主に以下の2つがあります。

 PREP法
 SDS法

文章の書き方はいろいろありますが、WEBライティングに絞ると、この2つをマスターすれば分かりやすく伝わりやすい文章が書けます。

PREP法

PREP法のPREPとは、Point(要点)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(要約)のことです。つまり、最初に結論となる要点を書き、その理由を書きます。理由に説得力を持たせるように具体例を挙げ、最後に要約として結論を繰り返します。PREP法は上司への報告などにも有効です。

PREP法が文章だけでなく、上司に報告する場合にも使えることについて、PREP法で説明してみましょう。

(例)
結論:PREP法は、分かりやすい文章を書くだけでなく、上司に報告する際にも使えるテクニックです。
理由:なぜなら、結論から始めるため、読み手が全体を把握しやすくなるからです。
具体例:全体像を理解した上で話を聞くと、納得しやすく、ストレスを感じません。たとえば、私はこんな体験しました。
結論:PREP法は上司に報告する際にも使えます。

PREP法を使うと、最初に結論があるので話のあらすじが分かり、ストレスを感じません。理由や具体例で共感を集め、さらに念押しで結論を繰り返すことで、記憶に残りやすくなります。

SDS法

SDS法のSDSとは、Summary(全体要約)Details(詳細説明)Summary(全体要約)のことです。プレゼンテーションで使える手法で、最初に全体の要約を伝え、次に詳細を説明し、最後に全体のまとめとして要約を繰り返します。

SDS法が文章だけでなく、プレゼンテーションの場面でも使えることを、SDS法を用いて説明します。
(例)
全体要約:今回は、SDS法がプレゼンテーションに効果的な手法であることを解説します。
詳細説明:SDS法とは、要約→詳細→まとめという構成です。プレゼンテーションでも、今から何の話が始まるのか分からないまま話を進める人がいますが、疑問を持ったまま話を聞くことほど、ストレスになるものはありません。だから、まず何に関する話なのかを示した上で、内容の詳細を説明し、最後にまとめることで伝わりやすくなるのです。
全体要約:以上のように、SDS法は文章構成だけでなく、プレゼンテーションにも使える手法なのです。

SDS法はシンプルな構成で、ライティングやビジネスシーンだけでなく、自己紹介、自己PRなどに幅広く使えるテクニックで、詳細な説明に重きを置いているのが特徴です。

 WEBライティングの基礎・基本

WEBライティングの基礎・基本

WEBライティングの基礎・基本は主に以下の4つです。

検索意図を設定する

検索意図とは、Googleなどの検索エンジンで、検索キーワードを入力するユーザーの気持ちや感情のことです。どのような状況で何を知りたいのかを設定します。SEO対策やコンテンツマーケティングで使われる手法です。

読者のゴールを設定する

相手が何を知りたがっているのかをより具体的に考えます。

ペルソナを設定する

ペルソナとはマーケティング用語で、商品やサービスを利用する典型的で最も理想的なお客様のことです。分かりやすい文章を書くには、ターゲットを明確にすることが大切です。

10代男性と設定するより、10代・高校生・男性・北海道在住・父母と妹(中学生)・アニメファンなどペルソナを具体的に決めれば、ターゲットに向けた文章が書きやすくなります。

検索意図を満たしたコンテンツを作成する

検索意図を設定し、たくさんの検索キーワードを洗い出した後、コンテンツを作成します。コンバージョンにつながるキーワードを絞り込んだ上で、コンテンツをまとめるようにしましょう。

WEBライティングは検索意図を意識するのが大切です。ユーザーの利益になる内容であることはもちろん、検索エンジンにとっても読み取りやすい文章が必要なのです。

タイトル・見出しを作成する際のコツ

タイトル・見出しを作成するコツ

WEBライティングにおけるタイトル・見出しのコツは、以下の4つです。

タイトルの前半にキーワードを使用する

文章の内容が一目見て分かるようなタイトルにするのが大切です。さらに、文章を読みたいと思わせるような心を引き付ける言葉を選びましょう。タイトルの前半に、検索設定したキーワードを使用すると、SEO対策にもなります。

タイトルは30文字前後にする

タイトルは30字前後を意識してください。パソコンの検索結果に表示される最大文字数が32文字だからです。半角でも全角でも1文字となり、文字数が多すぎると途中から「…」と表示されてしまうのでご注意ください。

見出しにキーワードを自然に使用する

文章のまとまりを段落といいます。まとまりごとに中見出しや小見出しを付けると、文書が読みやすくなります。もちろん見出しにキーワードを自然に利用してください。WEBサイトの文章を読むユーザーは、長文を好まない傾向があるため、見出しごとに区切ることで、短く読みやすい記事となります。

コンテンツが一目でわかる見出しにする

WEBサイトを訪れるユーザーは、興味・関心のあるテーマに対し結論を知りたくて検索しています。コンテンツが一目で分かるような見出しにして、ユーザーの離脱を防止することが大切です。

WEBライティングにおける執筆のコツ

WEBライティングにおける執筆のコツ

WEBライティングにおける執筆のコツは、以下の10個です。ユーザーが読むのをやめてしまわないように、分かりやすい文章を書くことが大切です。理解できない、自分には関係ないと思った瞬間、ユーザーは離脱してしまいます。

リード文で問題を提起する

リード文とは導入文のことで、ユーザーが読む価値があるかを判断する文章です。リード文には、問題提起を織り込むとうまく書けます。なぜ今この文章を読む必要があるのかを提起して、ユーザーの興味や関心を引き付けてください。

 結論を先に持ってくる

キーワード検索をするユーザーは、問題を解決してくれるサイトを探しています。結論を文章の最初に書くようにすることで、ユーザーはいち早く求める答えを得られます。

 箇条書きや表を挿入する

箇条書きは、複数の事柄を項目に分けて書き並べる表現方法です。箇条書きにすると、視覚的にも分かりやすくなります。箇条書きの項目が多くなった場合は、表を使って整理するとスッキリします。

 改行と段落を活用する

改行は話題を転換するときに行う手法です。改行がない文章は読みにくく、内容が頭に入ってきません。段落は1つのテーマごとのかたまりです。同じ内容をまとめて読みやすくする意味でも、5行ぐらいで新たな段落を作るのがおすすめです。

文字を装飾する

見た目を変えて強調する方法として文字を大きくする、太字にする、赤文字にする、「」で囲む、下線を引くなどがあります。重要な部分の文字を装飾して、目立たせてください。文章全体で同じ手法を取ると統一感が生まれ、途中で方法を変えると分かりにくくなります。

 1文を40文字程度にとどめる

1文は40字程度にしましょう。長くなると読みにくくなり、ユーザーが離れてしまいます。1文1テーマにして、シンプルな文章を心がけてください。

 句読点を適切に使用する

句点(くてん)は1文の区切りとなる「。」で、読点(とうてん)は「、」のことです。読点の役割は息継ぎをするためでなく、関係の深い語句同士をまとめ、関係の浅い語句を切り離すことにあります。主語が長いとき、逆説の助詞の後、修飾語が2つ以上続くときはそれぞれの間に入れるなどのルールがあります。

 難しい表現を使用しない

難しい表現や専門用語を使うと分かりにくい文章となり、ユーザーは読むのをやめてしまいます。熟語は極力使わないようにしたり、難しい漢字はひらがなにたり、専門用語は言い換えたりなどの工夫により読みやすくなります。

同じ文末を連続させない

例えば文末がすべて「~です」となっていると、文章を読んだときのリズムが悪く、単調に感じやすい傾向にあります。同じ文末を連続させないようにしましょう。同じ文末になっていると気付いたときは、体言止めを間にはさむなど、同じ文末が続かないような工夫をしてください。ただし、体言止めを多く使いすぎると言葉足らずになるので、多用は禁物です。

 トンマナを統一する

トンマナとは「トーン&マナー」のこと。ライティングに一貫性を持たせるルールのようなものです。語尾を「です・ます調」にする、文字を明朝にするかゴシックにするかもトンマナに含まれます。ターゲットを意識して、統一感を持たせることがポイントです。

WEBライティングの注意点

WEBライティングの注意点

WEBライティングを行うときの注意点として、以下の2つが挙げられます。
 著作権を侵害しない
 誤った情報を記載しない

知らず知らずのうちに著作権を違反しているかもしれません。また、デマや誤報をうのみにして、個人ブログに掲載したことがある人もいるかもしれません。しかし、WEBライティングの責任者は、上記の2つの行為をすると、社会的責任を追及されかねません。

著作権を侵害しない

著作権とは、あらゆる著作物に対して、著作者の権利を保護するための法律です。WEB上のコンテンツにも著作権は存在します。著作者の許可がないまま、著作物を利用することは基本的にはできません。WEBサイトを構築する上で、気を付けるべき著作権の侵害にあたる行為は以下の通りです。

 他人の文章をコピーアンドペーストして使う
 別のサイトに掲載された画像やイラストを使う
 画像やイラストを許可なく変えて使う

著作権を侵害していることを知りながら違反した場合、著作権法に従って、刑事的な罰則が科されます。著作権法第119条によると、著作権、出版権、著作隣接権の侵害は10年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金です。著作者人格権、実演家人格権などの侵害は、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金とされています。

民事的には、著作権者から損害賠償請求、不当利得返還請求、差止請求などを求められる可能性があります。

誤った情報を記載しない

インターネット上には、正しい情報もあれば、誤った情報もあります。必ずしも正しいとは限らないため、一次情報を確認することが大切です。

記事執筆の際は、クライアントから資料を提供してもらったり、直接話を聞いたりしてインターネットの情報に頼らないリサーチを行うことも必要です。

誤った情報を記載しないために、信頼できる情報源かどうかを調べましょう。官公庁が出している情報、新聞社などの大手メディアが出している情報、大手企業が発信している情報などは信頼性が高い情報です。複数の情報源を調べて、情報の正確性を確認してください。

まとめ

WEBライティングで意識する必要があるのは、ユーザーが検索してサイトを見つけてくれることからスタートする点です。ユーザーが離脱しないように、結論ファーストを心がけ、ターゲットを意識した分かりやすい文章を書くようにしましょう。著作権や正しい情報の発信にも気を配るのも大切です。カッティングエッジ株式会社は、15年のWEBマーケティング経験で得たノウハウを提供するSEOコンサルティング会社です。鋭い槍(やり)のような磨かれた感性で、WEB集客やWEB戦略をサポートします。WEB集客を成功させたい方、WEBライティングにお困りの方はぜひご相談ください。

EO モニタリングレポート

PAGE TOP